Return to site

iPhoneが水没したら

-手遅れになる前にしてほしいこと-

iPhoneが水没したとき「やったらダメ」なこと

1.電源を入れてしまう

基板がショートする危険性があります

2.充電してしまう

こちらも重要部品がショートする危険性があります

3.端末を振ってしまう

中に入った水が広がり腐食範囲が拡大してしまいます

4.乾くまで待とうとする

水に触れた回路の腐食が進んでしまいます

基板は最も重要な部品で、ここがショートして壊れると修理不可能になる場合があります。

直せる場合でも基板の修理には、どの修理店でも3万円前後かかります。

「基板を損傷させない」というのが水没時に最も大切なことです。

iPhoneが水没したとき「すぐにして欲しい」こと

1.電源を切れるようならすぐに切る

基板のショートを回避できます

2.端末をうつぶせにする

基板側に水が浸入するのを防ぐ為です

3.できるだけ早く修理に出す

腐食が進む前に修理することで復旧率が高まります

当社は数少ない成果報酬型です

重度損傷などで修理不可だった場合は、それまでにかかった検査費用や技術料など、修理費はいただいておりません。

当社は年中無休24時間営業です

水没修理は緊急を要します、たとえ深夜であってもお気兼ねなく修理依頼をしてください。

当社は北陸地域の広範囲をカバーする訪問修理専門会社です

お電話や予約フォームよりご依頼ください、たとえば金沢市内であれば最短30分でお伺い出来ます。

お問い合わせだけでもかまいません

【24時間対応】

076-255-3332まで

お気軽にご相談くださいませ(^^

地域別の詳細情報 ※地域をクリックで表示

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK